フルオーダー住宅

すべて自分たちで考えて、理想の家を建てたいと考えた時にフルオーダー住宅という選択をする方もいるでしょう。フルオーダーを選択した時に出来ることや、メリットとデメリットを合わせてご紹介していくので参考にしてみてください。

フルオーダーで出来ること

注文住宅にはフルオーダーとセミオーダーとが存在しています。フルオーダーのメリットとしては、自分がこだわりたい部分に徹底的にこだわれることです。たとえば、外国製のシャッターをつけたい場合や、海外から…

フルオーダーのメリット

注文住宅には、完全に施主の希望に沿って建築するフルオーダー型と、ある程度建築会社が決めている仕様をカスタマイズする形で建築するセミオーダー型の二種類があります。このうち、セミオーダー型は、注文住宅…

フルオーダーのデメリット

費用に関して知っておきたいこと

家を建てるのであれば、フルオーダー住宅にしたいと考えている人は少なくありません。これは文字通り、すべてに関して自分の思うがままに建築していく方法のことです。ただしフルオーダー住宅を建てる前に、いくつか頭に入れておきたいことがあるのですが、中でも費用については重要です。ありがちなのがあれも欲しい、これも欲しいといった具合に設備を欲張り過ぎ、気がつくと建築費用が莫大なものになってしまう点です。このようなミスを避けるためには、まず用意できる予算と、優先順位を決めておくことです。これだけで意外とスムーズに話が進みます。そして同じ設備でも年式やグレードを変更すると値段が半分以下になることがあるので、工務店や設計士さんに相談してみると良いでしょう。

他の頭に入れておくべき点

フルオーダー住宅というのは、こだわるほど完成するまでに時間がかかります。例えば四角形や長方形よりも、三角や丸い家の方が建てるのに時間がかかります。さらに特殊な材料や海外から取り寄せなければならない設備が必要な時も、やはり出来上がるのに時間を要するのが一般的です。前例のない建物だと、工務店でも完成するまでの時間は予想できません。また耐震や防火基準はもちろんなのですが、地域によっては独自のルールを設けている場合があります。そのため希望している建物が建てられないケースはゼロではありません。もしも不安ならフルオーダー住宅を建てる予定の土地で営業している、地元の工務店に聞いてみましょう。その土地の慣習などを踏まえた上で設計してくれるので安心です。

セミオーダー住宅

自分の好きな間取りを考えたり、デザインなども好きなものを選択したりしたいという場合はセミオーダー住宅に興味を持つこともあるでしょう。セミオーダーで出来ることや、メリット・デメリットなどについて詳しく説明していきます。